1
1

2
2

30
30

1
1

1/27

三番町の家

   塩尻市 

主要用途:専用住宅
工事種別:新築
主体構造・構法:木造  在来軸組工法
階数:地上2階
建築面積:49.10㎡
延べ面積:89.43㎡
床:赤松無垢フローリング(長野県産)
壁:AEP塗装
天井:針葉樹合板
屋根:GL鋼板立平葺き
外壁:金属サイディング

 

 長野県産材を使用した、3層2階建ての家。


 構造材、造作材、羽柄材に長野県産材を豊富に利用した。

長野県産材の良さを活かすべく、建築主と共に磨き、思いの籠った住宅となった。

 

 低予算での挑戦に四苦八苦したが、決して安価には見えない、職人の努力の結晶。
 

 外観はシンプルモダン。内観は山小屋のようなテイストとし、ギャップの大きさも魅力の一つだ。

 薪ストーブを囲むリビング。一段下げたキッチンはダイニングカウンターと目線を揃えるだけではなく、省スペース化を図った。

 空間を狭く感じない工夫は吹抜だけではなく、2.5階への階段も利用し、各部屋の上部もプライバシーを最低限確保できる範囲以外を開放した。とても30坪を切る建物とは思えない空間となった。

 

 上階に取り付けた窓からは効率的に太陽光を取り込み、下階は明るい。また吹抜けとスノコの床は空気循環を効率的に行える。

 

 建築主の実家の山から切り出した木曽桧の丸柱はスキップフロアとなっている子供室同士の梯子の役目を果たし、恰好の遊び場である。

その姿はまるで森にいるかのようだ。

 桧合板の内壁は、経年変化を楽しめる進化していく家。