CM(コンストラクション・マネジメント)とは

 システム自体は単純なものになりますが、言葉にすると面倒そうに感じるかと思います。決して面倒ではないので、是非ご一読ください。

 工事自体は一括お任せ発注ではなく、自分自身の工事となります。いわゆる、自営工事です。

 なぜそんなことをするかと言いますと、建築における無駄を省く為です。

 

 一般的な一括発注には、様々な見えない余計な費用がかかっており、建物自体にかけられる費用が減ってしまっているのです。可能な限りその費用を減らし、少しでも良いものを造る為の最善策が『CM方式』です。

 

 建築主が工事を発注したり、管理をする事は非常に困難です。そこで『建築士』が、設計から完成まで建築主の想いや、実際の使いやすさ、どう造ったら美しく見えるか等、様々な事への配慮を行いながら、マネージメントし、サポートをしていきます。ここでいうマネージメントとは、建築主に代わり、工事業者の選定、工事金額の調整、工程管理、建築資材の発注などを行い、工事を進行していくことです。建築士が建築主の良きパートナーとして、設計・監理だけでなく、工事も含め、各専門業者との連携と統率を行う建築体制となります。

 このCM方式の大きな特徴は、建築主と各専門工事業社が直接契約する事です。工事中は契約した当人が作業をする為、誰が何をしているかが分かります。建築中に見に行った時に会話も生まれ、お互いに楽しく完成を迎えられます。また、下請業者が存在しないので、各専門業者に建築主からの費用が100%行き渡ります。

結果、ローコストが実現でき、「価格、工事ともに『見える』工事体制」ということになります。

 言葉にすると難しく聞こえますが、要約しますと、建築主の事を一番に考え、無駄を省いたスタイルで、安全で価格を抑え、ハイグレードな建物を造ることができる、良いこと尽くしな建築方法です。

アットリスクCMスタイルとは

 CM方式の前置きをさせていただきましたが、私の行っている『アットリスクCMスタイル』とは、言わばCM方式のデメリットとなる責任の所在をはっきりさせ、きちんと後のメンテナンスまで行います。今時、建てた後に逃げてしまう・・・なんて会社はないとお思いでしょうがあるのです。特に上記のCM方式を行っている場合、責任の所在がはっきりしているようで、はっきりしません。

工事管理を行った者の責任なのか、工事を行った職人なのか。はたまた設計によるものなのか。

 私は最後までメンテナンスを含め、お客様との繋がりを大切にしています。定期的に建てた後にお客様と連絡をとり、訪ねます。

 私の作った建物の成長も見守りたいのです。

 そういったCM方式のデメリットをなくした、私の新しい『アットリスクCMスタイル』です。

 なぜ責任がとれるのかと言うと、しっかりとした知識と経験を身に着けた有資格者が工事管理を行います。建築は素人では管理できません。ただ名ばかりの資格があるだけではできません。

 もう一点は、職人です。巷では図面を見れない職人もいます。設計事務所の監理する工事ですので、当然図面を見れ、仕上がりの良さの技能だけではなく、きちんとした知識を持って施工を行える各専門業者に協力をお願いしています。

 こうした努力から私がリスクを負う、負わなくても大丈夫な体制を確立できているからこそ可能となったスタイルです。

体制と流れ

まず、建築主は弊社と設計契約、CM契約を結びます。

CM管理として、弊社は工事に使用する材料、手間を全て算出し、それを基に各専門業者に見積依頼し、その工事見積を精査し、適正な価格であるかの判断をします。また、価格だけではなく、技能、知識、施工力等から業者を選定します。単の分離発注とはここが違います。

 

建築主は工事金額の合意に至ったところで、その各専門業者と直接契約いただきます。各専門業者と直接契約いただくことで中間マージンを削減できます。

 

建築士が設計図面を基に、詳細図を描き、各専門業者に指示をし、工程の管理、施工の監理を行います。厳しい検査を行い、その基準を満たさなければ、次の工程に移させません。各専門業者とは当然、別会社ですので、第三者の監理者として、『隠さず、許さず』のしっかりとした工事体制で行うことができます。